シーリングファン(サーキュライト)の効果は?

家電

シーリングファンというのは、天井で羽がくるくる回っているあれのことです。海外映画やドラマではお馴染み、日本の家庭でも一軒家では割と普及してきていると思います。
しかし我が家はマンション。天井高が一軒家に比べて低い集合住宅でシーリングファンは役に立つのでしょうか。

シーリングファンの役割

シーリングファンの役割は部屋内部の空気を循環させることにあります。それによる効果は次のようなものがあります。

・部屋内部の温度差の解消
・上記による冷房暖房の効率向上による節電
・部屋に漂う匂いの拡散
・湿気の分散による黴や結露の予防

意外といろいろな効果がありますね。

一番知られており効果が高いのは、やはり温度差の解消効果でしょう。暖かい空気は上に上昇しますが、せっかく暖房で温めても天井付近を温め続けてはムダなんですよね。では冬は有効としても、夏の冷房は冷えた空気が下に溜まると好都合かというとそうでもないんですよね。エアコンは天井近くにありますから、下ばかり冷してもエアコンの温度感知が及ばないと冷し続けて非効率です。最近は温度センシングを謳うモデルもありますが、天井付近のより暖かい空気を冷やすより攪拌して平均化した空気を冷やす方が効率的です。
当然効率よく冷したり温めたり出来れば省エネにもつながります。

シーリングファンは天井に固定しますが、扇風機のような形ですが空気循環を目的とした、自由な場所に設置できるサーキュレーターという器具もあります。自由に場所を選べるのは便利でもありますが、普段常用として使うものなら常設の方が便利だと思います。私は北国の生まれですが、実家には天井付近の壁に設置したロータリー式のサーキュレーターがありました。天井付近の暖房の熱気を下に降ろしてたんですね。もちろん北国は結露が激しいですし。
そんなこともあり、近年灼熱化してきた夏を過ごしながら、サーキュレーターより常設のシーリングファンが欲しいと思いました。

我が家で導入したサーキュライト

調べているうちに、天井照明とシーリングファンが一体化した商品があることを知り、これにしようと決めました。これですと天井高の低いマンションでも設置可能ですし、何より天井に新たな加工をせずに、今ある照明と交換する形で設置できます。いくつかメーカーがあるようですが、Amazonや楽天で扱いがあり入手しやすいドウシシャ製にしました。ドウシシャではシーリングファン付きの照明をサーキュライトという商品名で販売しています。

最初に寝室用にこの機種を設置しました。

8畳用でシーリングファン固定のタイプで、直径は約60cmです。シーリング器具を購入する場合は、天井に付いている配線器具が適合するかよく確認する必要があります。夏冬で回転方向を切り替えて、夏は天井から吹き下ろし、逆に冬は天井に吸い上げができます。重量はモーター内蔵のため4kgありますので、天井まで持ち上げての設置作業は一人だと苦労すると思います。私は足場の不確かなベッドの上で一人で泣きそうになりながら設置しました。
照明としては、調色や調光機能があり、リモコンも付属しており、一般的なシーリングライトと同等です。中心部分にファンがあるため、明るいのかなと思いましたが、それまで使用していたLEDシーリングライトよりかなり明るくなりました。以前のは東芝製の6畳タイプで 3200lmで、この製品は4000lmです。

このサーキュライトが良かったので、リビングにもサーキュライトを付けたくなりました。
リビングはシーリングライトが 2台付くようになっており、これまで東芝製6畳用LEDシーリングを 2台設置していました。この1台をサーキュライトに置き換えます。選んだモデルはこれです。

メーカーサイトではディスコンのようで掲載されていませんが、市場在庫はあるようです。12畳用でスイングモデルといって、シーリングファンの向きをリモコンで変えることが出来るタイプです。

大きいかというとそうでもなくて、直径で 63cm、厚さは20cmほどです。重さは6.5kgあるため、やはり二人での設置が望ましいでしょう。私はまたも一人で作業して泣きをみました。
12畳用なので明るさも 5000lmあり、1台でも明るすぎるくらいで、普段は明るさを落として使ってます。もう1台のシーリングライトは全く使わなくなりました。

サーキュライトの効果は

寝室用は20年に設置し、2年ほど使用しました。リビング用は21年に設置し、1年使用しました。
まず驚いたのは、ちょっとした暑さ、灼熱の真夏の前後の季節には意外とシーリングファンの風だけで過ごせます。要は天井から扇風機が吹いてくる感じですが、これが結構涼しい。エアコンの稼働期間が確実に短くなると思います。特に12畳用のファンは強力で、天井ら吹いてくるにも関わらず、強風が来ます。さらにこちらはファンの向きをリモコンで変えられますので、ピンポイントで狙うことも出来ます。私はリビングでいつもいつ位置が決まっているので、そこに設定しています。

エアコンと同時に使った場合の効果ですが、如実にとは言えませんが、冷房暖房の効きがよくなった感じはあります。それより空気の循環をしているので、気分的によいですね。
電気代に関しては何とも言えません。エアコンの稼働率は下がって電気代は減っているはずですが、シーリングファンの電気代も加算されていますので。電気代の節約を気にして導入するというより、冷房暖房の効率化のために導入するものかと思います。

使用期間で特にメンテナンスの必要が生じたことは無いのですが、リビングのシーリングファンの羽の外側に薄黒く汚れが見えてきました。サーキュライトはほぼ食卓の上にあり、またリビングがキッチンと繋がっていること、リビングに猫が居たことなどの理由で循環する空気に含まれる汚れが吸着したものと思います。寝室の方はそのようなことはないのと、稼働時間が短いせいもあり、汚れは見当たりませんでした。なお、リビングにはプラズマクラスターの、寝室にはダイソンの空気清浄機を入れています。汚れについては掃除用のウエットシートで拭たら簡単に落ちました。
シーリングファンを設置する場合は、設置時の足場の確保だけでなく、こうしたメンテナンス用に足場を設けられるようにしておくとよいと思います。

あとはリモコンで電源を切った場合と壁のスイッチで切った場合で違いがあります。
8畳用の方は寝る時リモコンで切ると、次に壁のスイッチでつけようとした場合に2度押す必要があります。多分壁のスイッチ側では切れてなくて、一度切ってから入れ直すことかと思います。
12畳用の方はいつも壁のスイッチで切っています。そうするとライトが消え、ファンが元の向きに戻りファンが止まります。次に壁のスイッチを入れるとライトのみ付くので、ファンはリモコンで動かしますが、自動的に前に指定した向きに戻ります。

まとめ

サーキュライトを入れてからというもの、ちょうどいい気温の場合以外はシーリングファンを回すのが当たり前になりました。エアコン稼働時も回しますが、この時は回転数を落として緩く回してます。もうシーリングファンが無い生活が考えられないくらい気に入っています。今のところ欠点も見当たりません。

もしシーリングファンの設置をお考えでしたら、簡単に入れ替えできるものでもありませんので、出来れば既に設置しているお宅にお邪魔して見てみると良いと思います。私は善し悪し関係なく設置すると決心して購入しましたが、これはリスキーですね。
私個人の考えでは多くの方が気に入って下さるものだと思っていますが、ニーズや善し悪しの判断は人それぞれですので、良いというレビューを過信せずに判断して頂けたらと思います。

 

と~る

▷20年以上ソフトウェア技術者として勤務💻
▷8年前から仕事のかたわら家事もこなす
▷食材を無駄にせずバランス良い食事を毎日楽しく料理🍳
▷プラントベースフードアドバイザー🥦資格有
▷問題のある家族を抱えながら、日々楽しく生きることを目指す
▷野良猫、保護猫の幸せを考えながら生活してます😸

と~るをフォローする
家電
と~るをフォローする
と~るのヴィータ・リーベラ
タイトルとURLをコピーしました